読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ししまるのブログ

ハロプロ・気になるニュースなど

ギャンブル依存症者の特徴

① ギャンブルにとらわれている
常にギャンブルのことを考えずにはいられない状態。ギャンブルのことになると寝食を忘れて、仕事さえも手につかなくなるほど心がとらわれてしまう。

② 興奮を得るために、掛け金の額を増やしたいという欲求を持つ
掛け金を多くすることで、快感を得ようとします。そしてそれが徐々に進んで金銭感覚がずれてしまいます。

③ ギャンブルをやめよう、減らそうと努力を繰り返すものの、成功しなかった
家族に「もうギャンブルはしません」と口約束だけでなく、誓約書などを手渡してギャンブルをやめようとするが、やめられない。

④ ギャンブルを減らしたり、やめたりすると、イライラする
ギャンブルをガマンすることで、イライラしたり、脱力感があったり、一日中ボーっとしている。

⑤ 問題からの逃避、不快な気分の解消のためにギャンブルをする
何らかの困難や問題を回避する手段として、不愉快な気分を解消する手段としてギャンブルをする。ギャンブルをしている間だけ、そうしたわずらわしい問題を忘れていられる。

⑥ ギャンブルでお金をすったあと、それを取り戻そうとしてさらにギャンブルをする
ギャンブルで負けると、負けたお金を取り戻そうとして熱くなり、さらに深追いをしてしまう。

⑦ ギャンブルへののめり込みを隠そうとして、家族などに嘘をつく
ギャンブルやそれによる借金に関して、嘘を重ねる。

⑧ ギャンブルの資金を得ようとして罪を犯す
家庭内の窃盗や詐欺、横領などが日常化します。さらに進むと他人との間でもこうしたトラブルが絶えなくなります。これをギャンブルのせいだとは考えず、単に金銭問題だとすり替えます。

⑨ ギャンブルのために人間関係、仕事などを失う
自分の不利益をかえりみずにギャンブルを続けた結果、絶縁や離婚などで人間関係を損ない、さらに仕事を失うなどの環境に陥る。

⑩ ギャンブルでの絶望的な経済状況を救うため、他人のお金をあてにする
経済的に他人に依存するのが当然と考え、責任を取ろうとしない。

…やっぱりすべて当てはまる