読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ししまるのブログ

ハロプロ・気になるニュースなど

アニメ『11人いる!』

モー娘。主演『続・11人いる!』の
制作発表会見の動画を見ていたら「続」ではない
『11人いる!』のアニメが出てきた

この『11人いる!』は10人が1つの宇宙船で
53日間生活を共にするという宇宙大学の
最終試験に何故か11人乗っているという
ストーリーだ

約90分という時間だったがあっという間に
過ぎていった
この物語のテーマになっているのは
自分とは違う人間(宇宙人)をどうやって受け入れて
いくのかということだろう

宇宙船の中でさまざまなトラブルが起こる中
11人目と疑われた主人公タダは殺されようとする
現実社会に置き換えたときそのシーンは
他者を自分の型に当てはまらないから
無視したり遠ざけようとする排他的思考が
よく現れた場面だと思う

しかしながらその次のシーンで船内の温度を
下げるためにタダの直感力を必要として
フロルが言った「11人目がなんだってんだ、もとからそんなやついないんだ。今は作業に取りかかろうぜ」と言った言葉
ここに他者を受け入れて共存するヒントのような
ものがあると感じる

日本人は特に単一民族であるがゆえに
排他的思考が根強く残っていると思う
自分も含め、その考えをできるだけ柔軟な
ものにしていくためにはどうしたらいいのだろう
障害をもっている自分も考えていきたい